DISC4「スタンダード」~家事だって優雅に~

この「ヒーリング・ヴォイス」を購入して早1ヶ月。これを聴くのがすっかり日課になってきたので、これまた日々の仕事である食器洗いにも「ヒーリング・ヴォイス」を取り入れてみました!

えーーでるわーーいす♪えーーでるわーーいす♪

もうすっかりノリノリで熱唱です(笑)

1曲目の『エーデルワイス』は、やはり知名度の高い名曲。 人もCDも、第一印象が大事ですね!

私の中でこのDISC4は、第一印象の良さと全体のキャッチーさのバランスが良い1枚です。

ほら、たまにいるじゃないですか?

最初はニコニコして人当たりが良さそうだったのに、よく知るにつれて実は超頑固者だった!とか(笑)

その点、これはそういう「期待を裏切った感」がないのです。素晴らしい!

エリック・クラプトンの名曲も

特に7曲目の『ティアーズ・イン・ヘブン』なんて、あのエリック・クラプトンの名曲ですよ!

解説書を読むまで知らなかったのですが、この曲はクラプトンが4歳で事故死した最愛の息子を思って作った曲なのだそうです。

このCDで歌っているのはクラプトンではないのですが、そのボーカルがまた、ピュアな少年の声でして…。

天国にいる彼の息子の声をイメージしたのでしょうか。

解説を読みながら聴いていたら、不覚にも目頭が熱くなってしまいました。

千の風になって

ちなみに気になっていた18曲目、ヘイリーによる『千の風になって[英語]』は、もはや彼女の持ち歌としか思えないほどの仕上がり!

秋川雅史さんの迫力あるボーカルとはまた違い、やわらかく包み込むような優しい歌声がGOODです。


失敗しないヒーリングボイスの通販

page top